カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

堀口五明笑 カエル陶彫

堀口五明笑PHOTO

■くだらなくて楽しい

 「息子がせっかくもらった陶芸用の土を使わないものだから、蠅のとまったカエルを作ったんですよ」。堀口五明笑さんがカエルの陶作品をつくることになったのは、そんなところからだった。その作品がおもしろいとまわりからいわれ、5年後には銀座でグループ展を開催。さらに5年後に個展を開催するようにまでなった。

 その作風は人目で堀口五明笑の作品だとわかる。名前にも顕わされるように作品のカエルたちは明るくて楽しい。

 「家の中に置くものだから明るい作品をつくりたい。作品を見て感心してもらわなくていいから、クスッと笑っていただけることがなによりの喜びです」

 地元埼玉の地名「五明」に「笑」を組み合わせ作家名とし、幸せを運んでくるカエルを作り続けている。信条は「くだらないものを一生懸命つくる」。そう語る堀口五明笑さんの顔が作品のカエルのように楽しそうだ。

堀口五明笑置物小蛙のんべい-3

■土をコントロールして作るのではない。

 独学で陶芸を始めたことで、数々の失敗を繰り返した。それによって、土を思い通りにコントロールしようと思うのではなく、土と相談しながら作ることが大事だと知る。作品はパーツをそれぞれ組み合わせて焼くため、収縮でひびが入るときがある。信楽の土を長年使ってきた堀口さんは、「どうすればどう焼けるか、だいたいこの土ならわかります。生成の段階からそれを予測して制作するのは陶芸の醍醐味のひとつですね」

 細い指先ひとつでその作品のもつ表情はガラッと変わってしまう。繊細な作業と予測によって、これだけ豊かなカエル作品が生まれるのだ。

 百貨店やギャラリーでの展示会以外にも、陶芸の楽しさを地元や地域の学校などでも教えている堀口さん。

 何かを語りかけているようなそのカエルたちは、温かく楽しい。耳をすませば、会話が聞こえてきそうだ。



■堀口五明笑(ほりぐち ごみょうしょう)

1948年 埼玉県小川町に生まれる。現在ときがわ町在住

1982年 陶彫をはじめる。日本樹鉢、水盤作家協会会員として陶芸活動を行う。1987年銀座陶悦にて三人展。1992年より以後各地で個展開催(銀座陶悦・赤城アートギャラリー・埼玉伝統工芸会館・梅田大丸・神戸そごう・梅田阪急・京都高島屋・名古屋松坂屋・日本橋高島屋・渋谷東急本店・なんば高島屋ほか)

ページトップへ